転職活動における最後の壁として、「現職の退職」があげられると思います。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、…

  • 転職活動をする上での最後に残る難関として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の会社が決定しても、現在勤務中の企業があなたを引き留めようとするはずです。そうなってしまった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な信念を保つことが大切でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 長い間接客関係で働いてきましたが、年のせいか座ることのできない仕…

  • 長年にわたって接客業で勤め続けてきましたが、歳をとると共に立ったまま行う仕事は体力的にしんどく、事務の仕事へ転職することを考えて動き始めました。事務未経験となるとわりと難しくて、そこで接客の要素もある受付兼医療事務をやろうと考え資格を取得して個人医院に転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜間のシフトばかりさせられて、接客業をしていた頃より帰りも遅いのですが、初めの頃はキャリアを形成する時だと思って仕事に励みます。
  • 大規模な転職エージェントに限って、多種多様な案件が・・

  • 大手の「就職エージェント」ほど、いろんな案件を抱えているといえますが、しかし、同時に競合する転職希望者も多いです。それがためにあなたが気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフが「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してもらえない場合もありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大手エージェントの場合は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い大変難しいので、策略を変えて少し規模の小さいエージェントに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できないものでしょうか?と相談すると転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。
  • 昨今では、株式・不動産投資の不労所得で儲けたり、自営業や起業で頑張っている人も増えています。

  • 今では、株式・不動産投資などの不労所得や個人経営 ・起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあり、「雇用されて働く道こそが正義」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長時代の際には、先行きがみえない自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうがずっと安定性にすぐれ、人生の正しい進路として、一般の人々に認識されていた。しかし、そんな時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」などと言われています。近い将来では、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。
  • 再就職によって職場を一新するということは、自分自身に適・・

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に見合う勤め先を見つけたいものです。勤め先を変えれば、天職に出会えるかもしれません。とはいうものの、実際に行動するとなると、相応の努力を持っていないと、転職自体がままなりません。他の言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に近い転職に巡り会える可能性も高くなる、ということです。今のご時世では、職業選択の自由が一般的に受け入れられているので、仕事場を変えても何の特に問題はありません。今のような事態のもとでは、現在は「使える人材が欲しい」と希望する企業も増えているので、この好機を生かしていきましょう。
  • 初挑戦となる業種などに転身する際には、前の職場で、自分・・

  • 全く経験のない業界などに転身したい場合には、前職で培ってきたスキルや経験値が生かせるという内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のないジャンルの場合、経験のない分その業界の経験者よりも足りない部分はありますが、自らが保持しているスキルがそこでも十分に発揮することができるということをうまく話せれば、勝負になる場合も十分に考えられるのです。そんな訳で、未経験の分野に挑む際には、その分野とこれまで自分が働いてきた職務とのつながりを発見しましょう。
  • 転職活動では、「年収」が話題に上がります。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接時には、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を多く偽って、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性は極めて小さいです。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社できたのを直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。
  • この先、着実に簡単な作業は機械に置き換わって当然のことな・・

  • 将来、今以上に短絡的な作業は機械で対処されるようになりその切り替えによってマンパワーは減少させられてしまいます。どうしてかというと、単純労働の場合では、人より機械のほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ動きを延々とリピートしたりすることは機械では当然何の苦もありません。人と違って泣き言も言わず、疲れ知らず、ずるもしない、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。おまけに報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういった点から、人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械にシフトされるもの自然の結果といえます。
  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。ですが、忙しく仕事を行いつつ求人案件を見つけて応募したり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも負担がかかります。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを通している場合はそのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募したとしても相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておくべきです。
  • 求人サイトをチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど…

  • 求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解している可能性が高いです。現に、製造業の求人であっても製造マンだけでなく経理、総務といった人材募集に加え、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部署もたくさん存在します。ただ、製造業の大半はビジネス街のような雰囲気はないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。そうだとしても、自身のこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
  • 再就職先で今までに培ってきたスキル・キャリア生かすことができれば・・

  • 新しく就いた勤め先でそれまでに身に付けた資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として評価されて、職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また会社サイドしても、スキルを持つ人材は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、すんなりと採用されるでしょう。加えて過去の仕事内容と似た仕事なら転職すること自体すんなり行くはずです。とは言っても、それなりに実力があるといっても大手の事務職、公務員の募集などは、時代に関係に左右されることなく相当な競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 転職活動を成功させたい場合、希望する企業相手というより…

  • 転職活動のコツは希望先転職先の会社企業というより、人事や採用担当の面接係員との勝負といってもいいでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、まずは面接の時間になる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例えれば女性とお見合いをする心構えで望むと問題はありません。更に大事なことは面接に進むとまずはじめにあなたの内面的な素質を判断されるのでマイナスな印象につながる行動は気をつけてゼッタイに避けましょう。そして社会人らしい綺麗に整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることが必要なのです。しかし、現実的には「会社に行く必要もなくなったし、とりあえずはのんびりと過ごしたい」と思う人が多いとは思います。ですので、真剣に求職活動をしているように思わせる方法があるので紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのは不可避ですが、そこで、求人票を閲覧することが少なくともやっておきましょう。真剣に探す気持ちが出ないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「納得できる条件の仕事や自分がやっていけそうな仕事が残念ながら見つけられませんでした」と相手に言い、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 転職に先立って「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが・・

  • 転職をするために失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしも自らが希望して退職届を書いて退社する、いわゆる依頼退職においては失業保険をすぐに受け取れません。手続して失業したことが認められてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果としてハローワークの保険担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。例外として、リストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業が認定されればすぐさま失業保険を受け取ることができます。
  • 昨日人材会社へ登録に行きました。

  • 数日前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の人がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明したことの50%ほども彼はわかっていないようでした。そのくせ「キャリアデザインがよくないですね」とか「きちんと自分の強みを知っておく必要があります」等、一丁前に偉そうに言うのでとっても不愉快でした。カウンセリングをする人はある程度カウンセリングのスキルがある人にしてほしいと感じます。
  • 女性の転職に際して、今と一昔前では少し状況に違いがあったりします。

  • 女性の再就職に関しては、一昔前と今日とでは少し変化があるといいます。過去には面接の際に、「結婚の予定」や「出産後の仕事」について普通に女性たちへ質問していました。ですが、現在の流れとしては、結婚や出産などについては、「セクハラ」にあたるとして、質問しない会社が増加傾向にあります。また、名の知れた大企業ほど、全面的に避ける傾向にあります。ただし、面接する側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の生き方、結婚した後も働きたい、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいと思っているはずです。自身の価値観を理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機とともに表現することで、面接官にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。ですので、たとえ、聞かれていないことでも、あなたの側から気遣いながら話をしておくのが良いです。