これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜・・

シフトの業務についてです。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集する求・・

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に目にしますが、シフトの提出方法や休む手順については、前もってチェックしておきましょう。それはなぜかというと、以前わたしは産休で休む人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が土日は必ず出勤していたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い出すと本当に異常な職場だったんだと思います。

日本には古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

昔から「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいえ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。実際に再就職を検討する際は、重要なのはタイミングといえます。その基本として、今やっている職場、仕事、職場に関して、不服を感じる点を5~10個ほど、メモしてみてください。そうしておくと、将来の転職活動に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、決断を遅らせることなく、良い職を手に入れられるように進めることも大事です。

転職を行うにあたっては、前もって、求人票・パンフレット・ウェブサイトなど…

転職活動を行うにあたっては、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりして転職希望先の会社をチェックすると思います。しかしながら、当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントが主導している可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。仮に公表する場合でも差しさわりのない表現をします。その類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけて会社を辞めれないように画策します。この種のブラック企業には注意が必要です。

転職後は、高い確率で以前の会社の仕事での出来事は美化されます。

仕事を変えた際には、大体の場合、前職のほとんどの出来事は美化されます。実を言えば現在の職に不満を覚えるから、そういった思いを解決するべく思い切って転職を決めたはずなのに、時の流れとともになぜかわからないけれど新しい会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じます。それというのも極めて当たり前のことで、前の職場では日々の仕事の勝手がわかっているので今よりもすんなりと日常の業務があっさりとできていたからというのが根底にあるはずです。けれども「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に感じるほど、過去の職場のほうが全体的な雰囲気や人間関係が良いケースもあります。

現職からの転身を意思を固めたのなら、周りの人にはこっそりと…

仮に、現職からの転職を決意したなら、完全に社内の人にはひそかにその気持ちを教えないように転職活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、あくまで周りの人に悟られないよういつもどおり振舞うのがもっとも無難です。働いている間、その点を自覚しておくと、もし仮に転職先探しが簡単に見つけられなくても、転職を持ち越しながら、現職にそのまま継続しても心配がありません。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はその言葉に合わせた応対を取るようになります。おまけに「辞めるつもりです」と言ったが最後、同僚からは「あの人は転職する人」と受け止められます。そうなってしまってから転職したい思いが冷めて、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、周りは「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中、立場が悪くなると感じることもあるでしょう。

転職のための活動を行っていて面接時に例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接時に「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。このうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、採用担当者に好印象を与えるものではありません。過去のトラブルをそのまま話する人はいないとは思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、この企業に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。

転職をしようとするときに、とにかくまず勤務先の会社の退社手続きをしてか…

転職活動を行う際に、まずは今働いている会社をきちんと退社してからと考える人もいるようですが、それならボーナスの支給時期を前もって調べておきましょう。ボーナス支給がある会社は多いですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが入る時期まで少ししかないのなら、支給日を待って退職するという手も賢明な方法です。ボーナスは結構額が大きいので、頂いておいた方が良いと言えるでしょうから、会社を辞める決意をしたならボーナスの時期を確認するのを怠らないようにするのが賢明なやり方です。

知っている人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。

知人による紹介で転職する先を探すこともあるでしょう。それはいいけれど転職をした先の労働環境、それから労働条件といった部分について友人からの口コミ情報を信用しすぎると後々面倒なことになるかもしれません。言うまでもなく、一人の個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。つまり知人にとっては、良い働く場所であっても、あなたには、イマイチな可能性かもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、しっかり自分の目でチェックしておくようにしましょう。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職を決意しました。

新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職すると決めました。実際に行動する前は、想像以上に悩み、辛い気持ちでした。しかし、新卒で入った会社を数年で辞めて、沢山の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で知り、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。転職を経験するとふしぎなことに肩の荷が下りる気持ちになり、「自分の好きなこと」を再確認できて毎日が見違えるように変化しました。なかには「辞めずに続けることが普通」といったような意見も根強くありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私は転職を経験して良かったと思います。

今から転職される人で次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

今から転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は勤めている会社側が社員に雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、今の会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐにもらえる場合もあります。このときの、受け取れる失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の近々の給料を軸に手当の額を計算するので「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

クールビズの格好をして転職の面接場に出向く場合、さすがにジャケッ…

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接にチャレンジする場合、ジャケットにおいてはやはり着込まなくても安心であると分かりますが、ネクタイは着用していったほうが安心です。タイなしで良いと認めている会社もあるケースもあります。ですが、ことネクタイに関しては例えクールビズであっても身だしなみとしてつけなければならないと思っている企業がある程度あります。そのため、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイだけはつけて面接した方が良いというのは伝えておきます。

転職の予定があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の意思があるのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ入社1年目の段階では、ほぼほぼ「試用期間」を含んでいる企業も多いです。自らのケースでは、やっとのことで手にした仕事なのに、悲しいかな前いた会社での稼ぎとほとんど同じ額でした。それに、業務内容は多忙を極め、とても責任が伴うもので、初年度をクリアするのにやっとの状態でした。そういった実体験から、1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、なるべく転職以前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職しようと考えたとき、転職したあとの給料を気にしすぎる人が…

転職というものをしようと考えたとき、その職場の年収ばかりに気を取られる人が案外多くいるようです。とうぜんほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与としてもらうために仕事するとは思います。したがって年収がいくらかは自身の評価という見方もできるから、大切なのは当然なのですが、でも、あまりに年収の額ばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも虚しい気がしませんか?年収に反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。

数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、書かれていました。

かつては求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。しかしながら今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用において、男女差別があってはいけないルールが敷かれ、求人情報の中身に「性別」が無記載となりました。けれども、募集側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。そんなわけで、本当は男性が希望の企業に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまい、といったような問題が起こりうる可能性があります。例として、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと読み取ることがべきです。

看護師という職業の人の他の仕事に転職する原因は人それぞれです。

看護師という職の人の違う職に転職を決断するキッカケは、人によって違うはずです。さまざまな理由がありますが、看護師の転職するには「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚することで家庭環境の変化によって出産さらに子育て加えて親の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までと同じような仕事が難しい」「収入面で不満がある」など、さまざまな理由が抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、落ちついてじっくりと客観視してみることも忘れずにやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したのち、決断してみてください。

転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込むほか…

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力を低下させないようにしておくと良いでしょう。勤務先が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたおかげで知らないうちに集中力がアップします。加えて、体力アップしていることでその場の社員たちと比較すると体力が持続するということを自覚します。そのため、退職して転社先が決まるまでは自分が興味のあるなことに打ち込むことと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。勤め先が決まり、同じ会社内で共通の趣味の人と巡り会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。