今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外に…

最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を取った経験があるなら、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、メディアで話題になった人など、何らかのインパクトがあった人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思われる連絡を受けたなら、心当たりを考えてみてください。稀にヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、そのような会社は明らかにイカサマなので、引っかからないように注意しましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 再就職をするときにとても重要となるのが間違いなく「面接」になります。

  • 再就職において、重要なのが間違いなく「面接」というものです。ふつうの面接の際は、面接官が応募してきた人に対し、転職を決めた理由や仕事の意気込みなどいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、次は、面接希望者側からの疑問点などを質問できます。面接担当のスタッフから「我が社について何か疑問点はありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に気持ちの準備ができず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。そうならないためにも、予め面接官からの質問に対し、(あなたからの質問を)整理しておきましょう。冷静に考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 今、私は派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣会社に入っています。インターネットサイトでふと条件のよい仕事を見つけて問い合わせをしてみると「そのお仕事はもう他の人が採用されました」という答えられ一瞬ウェブサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日に閲覧すると再掲載されています。これは結局私ではダメっていうことですよね。そうであれば変に隠さない程度で正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それとももしかすると存在しない架空の仕事なのでしょうか?

  • 転職を繰り返さないためにすることはただ一つです。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返しません。今では、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるのには良い情報は満載になっています。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、精神面を鍛えることができます。それは、ズバリ海外に行くことです。外国は、言葉も文化も大きく異なるので、刺激を受けることばかりです。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、今までの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。でも、退職してすぐは、メンタルが弱気になりやすいので、元気になるまで休みましょう。

  • もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」といった形で・・

  • 仮にあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、大都会から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。昔と違って求人情報サイトを用いれば、地方の求人もタッチできます。ただし、地方や郊外での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも頻繁に確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポート系のイベントについても見ておくと間違いがありません。

  • あなたが持つ現在のスキルや資格を活かして転職したいと思っているなら、…

  • 今あるスキルが有利にはたらくように就職活動を考える際は、転職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておいてください。すんなりと転職がかなう業種としては、慢性的に人材が不足している「医療・介護」系が代表でしょう。看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今現在、医療従事者として勤務している人が、様々な事情により、異業種に再就職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。ですから、容易に考えない事が必要です。再就職を本気で考えるのであれば、「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけておきましょう。

  • 現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして・・

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳罰を処するようになってきましたが、まだまだ物足りないといえます。そこで、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などで労働条件をチェックし、怪しい点について聞いてみることです。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」とはぐらかされるはずです。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問してみると、渋い表情を見せることが多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

  • たいてい大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから…

  • 一般的に見て大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。おまけに、都会エリア外だとその確率は低くなります。けれども「製造業」であれば、地方の工業団地界隈に製造の拠点としていることもよくあります。また、そういう地方の工場は、事業分野の拡大にあわせて「中途採用」をしていることがよくあるので、このタイミングに転職を考えるのも悪くありません。地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業についての予備知識をチェックしておきましょう。その企業のホームページをチェックし、人員募集の予定がないかしっかりとチェックしておくと間違いがありません。

  • 転職時の面接に転職したい会社へ行きました。

  • 転職における面接に希望先の会社へ赴いたときのことですたまたま会社の部屋が空きがないということで外部の場所で面接官との待ち合わせをして面接を行って、当該会場で解散し、面接官もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、奇遇にも自宅最寄駅が同じ。なので電車の中においても面接を行った人と一緒に話しながら帰宅することとなり、緊張がなくなり面接しているよりも話が弾んで、それがプラスになったのかなんとか採用を獲得することができました。

  • これは従妹の旦那から聞いた話です。

  • こうした話は知人の話です。就職活動を始めて在学中の就職活動で絶対に入りたかった憧れの対象であるA社で行われた最終の面接で不採用になって、それから後泣く泣く他の会社に就業しました。その後約1年半経った頃に派遣の求人サイトを閲覧していた時A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、どうにかしたくなって当時働いていた会社をすぐ退職して、A社での派遣の勤務を開始、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってその先学生時代に憧れていたA社で正社員として仕事をすることができ、今は仕事に誇りを持ちながら明るく勤めています。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話・メールが何度も掛かってきます。

  • 「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメール連絡が何度も入ります。そのため「転職エージェント」の初心者の方は、結構びっくりするケースが多々あります。転職エージェントは転職させることが目的だといえるので、大変積極的です。その中でも大手のエージェントは、転職を完了させると企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。その上彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が取れたその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払うことが大切です。

  • 転職の際に必須となる企業での採用面接でのよく思い違いがあるのです…

  • 転職先での面接で多数のひとが思い違いをしているのですが無理に猫かぶりをすることです。すると正直なところ逆効果です。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「休暇」といったような、多数の人がかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に質問しておくと、最終的に確実に自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった質問をすると面接結果に良い結果が期待できないのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。だけども、意外と良い結果をもたらす直結するといいます。このようなお金や労働環境に対する内容は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ですが、面接応募者の多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。なので、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」と自己アピールになるのです。

  • 転職をする場合準備しなくてはいけない履歴書においてですが・・

  • 転職をする時に絶対に書かないといけない履歴書に関しては、たいてい、手書きではなく、パソコンを使って作成するのが当たり前です。現在の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンではなく自筆で作るのが一般常識と思われることも多々あるようですが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実は、転職をする時については履歴書は100%パソコンを使ってはいけないと断言はできません。手書きの方を高く買う企業もあるようですが、そうではない場合が増加してきますから、パソコンを用いて作った履歴書や職務経歴書でも良いとする企業はたくさんあるのです。

  • 転職活動において、ネットでのエージェントに頼るケースもあるでしょう…

  • 就職活動には、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もあるでしょうが、もしもそういった業者に登録し、運よく就労先が見つかった場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと給付してもらえないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。なお、ハローワークを通じて斡旋してもらった会社に就職した場合は、就業のための準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえません。このようなことを押さえておかなければ、失業中にお金がもらえなくなるため、そうならないように気を付けましょう。

  • 転職活動をしている最中は、まず常に自身の心のうちが沈着である…

  • 転職の活動中はとにかく、まずとにかくあなたの心のうちがスッキリしているということをとても忘れないようにしたいものです。まだ辞めないで転職をするための活動をしている場合、それほどはそうでもありませんが、退職してしまってから行う際は、人というものは心のうちが焦ってしまいます。なので、冷静になりつつ、活動を続けましょう。今後、自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージなどをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、再度、冷静になって見極めましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで良い転職先が見つかりやすくなります。

  • このように特に昨今の会社や企業の労働環境が慌ただしく変わってきたこ・・

  • 今の時代の企業の労働環境の激変ぶりに当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に関心を持って見ているようです。大方、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。ですから、働き手といった層の流動化が進行しているようで、輪をかけて後々世代に関わらず転職への関心度が増えると予想されます。労働力の「流動化」が背景にあることで、会社の転職は誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が機能したかつては、「会社を辞めて転職」には良くないイメージがつき転職が思い通りにいかないこともたくさんあったようです。ですが、時流が変わったせいもあり、現在の仕事のみに執着する必要も段々と薄れてきています。