転職をするならば、やりがいを考慮することも重要だけ・・

転職先を決めるにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップも大切だ・・

転職先を選ぶのに、むろん仕事におけるやりがいのアップと共に加えて年収アップも重要なので「年収サイト」というサイトに登録して前もって調べています。全く同一の会社で加えて全く同一の職種、社歴なのに人によってとても違いがある場合も数多くあって、正直に言うと面接で質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人物も誰であるのかそこそこ予想がついているのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や三本の矢で経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界や民間企業間においても今までとは異なった明るい動向が著しく現れてきています。その変化が加わり、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が深刻化しています。ちなみに、外国人の労働者も今以上に高めていくと現政権は方針として掲げています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会的変化によって国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、かなりの確率で質問されます。このときに、どんな訳があっても、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」についての愚痴とも受け止められる回答などは、できれば口にしないようにしましょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが必要があるため、まずは「新しい職場では自分の能力をより発揮し、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といった未来に目を向ける形が担当者の心証はよくなります。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に見える「服装」は気になっている人も多いと思います。けれども、近年の面接に関しては、私服を許可しているところもあるので、ビジネススーツを着て面接に行く必要がない場合もあります。創業間もない企業などは、柔軟な考えなので私服で面接したほうが、相手先に印象をあたえます。そして、ざっくばらんに話をしやすくなります。そして私服なら、面接の際に、服装について、盛り上がる可能性もあります。ですから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、転職活動をする際は、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

就職活動をするときに注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく・・

就職するため仕事探しをする場合に注意したほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。こういった案件の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが非常に多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料形態に残業代を組み込む、といった仕組みです。(注・違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代30時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」ということになるわけです。しかし、悪質な求人は、この『みなし』を記載していないことも少なくないのでよく気を付けてください。

昔務めていた会社で感じの悪い上司の存在に神経を削られ、…

新卒後最初に働いた会社で怒りっぽい上司に神経を使い、その結果耐えきれずに退職し、他の同業の会社に転職をしました。そこでは気分よく勤務することができ満足のいく日々でしたが、緩やかに会社の売上が悪くなり、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合した先の会社がなんと以前働いていた会社で、加えて反りが合わない上司が再び私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。言うまでもありませんがまた転職をしようと活動を開始しています。

再就職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの・・

再就職の際に行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合、大体が人事担当者ですが、場合によっては違うこともあります。直接、ともに仕事をしていく管理職、要は課長や部長などの管理職クラスが面接を担当する可能性もあります。とりわけ、事務・営業といった部署に転職するのなら、資格だけでは具体的なイメージはありませんので、自信をもって自分をアピールしていくことが重要になります。担当者から「この男、なかなか言うし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。

より安定した生活基盤を欲しがり正社員として働くことを念頭に置いている人が…

安定的な生活を欲しがって正社員として働くことを意識している人がかなりいらっしゃるはずです。が、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、中々正社員として雇用されることがうまくいかない可能性もあります。非正規雇用者の求人情報が目につくのに正規雇用の求人に固執し、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。なかなか、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、準社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員の募集を掛けている企業でも、成果次第で数年で正社員へのキャリアアップができることもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、正社員として働ける可能性の有無をヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。

失業したときに給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、…

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付期間が決まっています。それまで勤務してきた期間によって変わり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこれを知らずに失業を続ける限り給付されると思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りながら仕事探しを開始しても条件のよいところを見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」に関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況次第では、失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。しどろもどろになると合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される企業も多いため…

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される求人情報が豊富なため、興味を引く2つか3つの会社を、転職サイトに登録しておいて、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に適合する案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報を収集しやすくなります。でも、初回に限っては登録するのにとても労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録する初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、初めの準備をしっかり行うことを心がけてください。

得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は要注意です。これは、私が経験したことなのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、それが高じて、過去には、飲食の世界(レストラン)で勤務していたことがあります。その飲食店での業務は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係に疲れてしまったのです。そのことが原因で、職場を離れることになったのですが、同時に、好きだった食べること、そしてその飲食店で扱われていた食べ物すら苦手になり、よく似た飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見るのは素敵なことですが、その『好き』のレベルはどれくらいなのか、じっくり冷静に自分自身に尋ねる必要がありそうです。

転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分…

転職するための期間中は、ついつい時間がある分、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかしながら、そんな生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。というのは、気の緩んだ、だらけた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲を失い、お金が回らなくなって苦しくなり困ってしまいます。このように、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社が決められません。再就職先をハッキリ決められないのは、お金を一番に考えるようになるからです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけるような生活は(転職活動中には)不必要です。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、…

転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行うことは常識になりつつあります。しかし、転職先を確実に見つけたいのであれば、同時に転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することによって多くの企業について知ることができ、それにとどまらず、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業の社風についてある程度は知ることができます。これから、転職フェアに行く際には、面接を受けにいくつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。その結果フェアを通じて、企業から気に入られれば、その後面接等に進む時に大きなアドバンテージになるでしょう。

自らが転職を考えていた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。

私は昔いくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーの質に関しても多種多様でそのほとんどは不満を感じるアドバイザーばっかりでした。私にとってはとても重要なことなのにもっと真摯に向き合ってほしいという考えが高まってきてそれがきっかけとなって私はキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには費用もいりましたし勉強の面に関してもかなり大変でしたが、お仕事を探している方から頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過し先方から面接の日時を指定してもらいました。

とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。すぐに担当者から面接日時を告げられました。しかし、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待っていると、所長らしい男性が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、非常に面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接を終えました。が、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでもう一度連絡をしたところ、驚くことに、「今回はご縁がなかったということで」とその直後、電話を切られてしまいました。しばらく言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず不採用で良かったとホッとしています。

転業するつもりなら、いろいろな企業の情報の詳細を調べたり比較したりしてお・・

転職を予定しているのなら、多種多様な会社を普段から調べておくと転業した後の見る目に大いに役立ちます。あなたが今の仕事に満足していない場合、実際に転職活動をするときに、どんな会社でもいいように見えます。そうなると、どの企業を選択するべきか、迷ってしまい、判断を誤る可能性も少なくありません。よって、最終的には短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、よく見ておきましょう。さらに、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。