失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、…

  • 失業したときに給付される失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、もらえる期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業中である限りもらえると勘違いして「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って仕事を見つけようとしてもうまくいく可能性は低いでしょう。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった点はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。運が悪ければ、面接官から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど豊富な数の会社が掲載されているた・・

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど案件が多いので、感じがよさそうな2つか3つの会社を、ともかく転職サイトに登録して、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、さらに条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。しかし、最初に限っては登録が大変ですので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初回時、時間が少し掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが賢明です。

  • 自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。これは、私の実体験になるのですが、私は、食べることが趣味だったのですが、前に、レストランに勤めていたことがあります。そのお店での業務内容は、その飲食店で担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係に悩まされました。そのことが原因で、仕事をやめたのですが、その影響からか、大好きだった食べることやそのレストランで扱っていた食べ物も嫌いになってしまい、似たような飲食店は今も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めた当初、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。大好きなジャンルの仕事に就きたいと願うのは本当に素敵なことだとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて自分と向き合う必要があります。

  • 転職するための期間中は、ついつい時間に余裕がある分、…

  • 転職期間中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。・・であったとしても、そのような過ごし方を常習化させるのは危険です。それは、気の緩んだ、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。徐々に、働く気力がわかず、お金が回らなくなって困ることにもなるでしょう。このように、悪いサイクルができてしまい、再就職先がきちんと見つけられなくなります。次の仕事をハッキリ決められないのは、お金を一番に考えてしてしまうからです。給料を第一に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを通じて、…

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。とはいっても、より転職の可能性を高めたいなら、転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加されればあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それに加え、説明を担当するスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに行く際には、1次面接を受けにいくつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。その結果としてフェアを通じて、企業から興味を持ってもらえたら、後で採用面接でとても有利となるはずです。

  • 私が仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 私が勤め口を探していたころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーの質に関しても本当に様々でたいていの場合、物足りなく感じるアドバイザーばかりでした。私とっては大切なことなのにもっと真剣に向き合ってほしいという欲がこみあげていてそんなことがあり自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。資格を取得するためには支出が増えました。それに加えて資格取得のための勉強面もヘビーでしたが、仕事を探している人から信頼してもらえる人になるべく努力しています。

  • ある古物商の会社で書類選考に合格しました。2、3日…

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考に合格したので、担当者から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか全く面接が予定されていませんでした。待たされたのち、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、始終けだるい表情を見せ、淡々と面接が終了しました。でも、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、しびれを切らし、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と言われましたが心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそこでもう一度問い合わせたところ「結果は不採用でした」、とすぐに電話を切られました。あまりの対応に呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと思っています。

  • 転身を視野に入れているなら小まめに色々な企業の募集…

  • 転職を視野に入れているならいろんな会社の募集案内を普段から調べたり比較したりしておくと転業先を選ぶのにかなり役立ちます。現在の職場に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、いざ転職活動を開始した時、どんな会社でもいいように思えてしまします。そのようになると、どの会社を選択するべきか、選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違える可能性も少なくありません。そうすると、短い期間で退職してしまうおそれもあるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性ある良い企業は、取引先を公表していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりなのでチェックをする目安になります。さらに、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前で調べ、確認しておくのも手です。

  • 『転職したい!』という願望があって、自分の意志が強いのであれ…

  • 『転職したい!』という願望があって、自分の意志が強いのであれば、辞めたいということを速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると状況によって必ず言いくるめられます。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際ではなぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。本来なら、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、希望通りにはいきませんでした。やっぱり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常に前の職場に対して困ってしまいました。

  • 最近スマホを見ればネットのエリアには、「転職サイト」に類するも…

  • 最近はPCやスマホで調べればインターネット上では、今では「転職サイト」と呼ばれるものが数多く存在しているのをご存知でしょうか?サイトを見て自分自身が欲している転職先を見付けるためには、まずは情報が大事ですから収集をする必要があります。このような転職サイトをきっちり使うことで、満足度の高い転職が実現します。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む役に立つ「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみてください。

  • 転職先の見学は、非常に勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、良い勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近くで見られるため、楽しいものです。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、日常の現場を見せることがまずありません。その最たるものが、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のプライドが高めな業種なので、入社しないと、本当の姿はわかりません。そのため、仕事は見学で見たものだけだと考えないことがとても重要なのです。それに加えて、会社見学時に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから正直言って、気を付けるべきです。正規雇用が結ばれていない場合、万が一何かトラブルが発生しても、それに対する保障がないため、進められてもていねいに断るのが無難です。

  • 転職時の面接で決まっているかのように投げかけられる質問…

  • 転職の面接でほぼ必ず問いかけられるのが前に働いていた会社を退職した経緯についてですが、この質問に答える場合には退職した会社に話題の中心を当てない方がベストです。会社を辞めた理由が中心となり話が進むと絶対に悪い印象を与える要素を含んだ内容になってしまいますから。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の職場を退職したのかという事をこの職場にどうしても入社したいという考えがあったからという内容に進めるべきであり、今、自分が入社したい会社の方に話の方向を向けていくべきなのです。そういった内容ならば、悪い面ではなく良い印象を与えることができる前職を辞めた理由に聞こえます。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。会社の大半は履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2点をしっかり作成しておきましょう。ただ穴を埋めるだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること記入しましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、など明瞭に記してみましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用するのもよい転職をするための良い結果を導きやすくなります。

  • 派遣会社に登録して働いている人が近時は増える傾向にあります。

  • 派遣会社に会員登録して働く人が規制緩和の後、増える傾向にあります。派遣先が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかを極力面接のときに質問しておくべきです。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りに手数料を徴収する仕組みになっています。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を積極的には開示していません。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしないところも少なくなく、気が付くと3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも多いです。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能であれば異なる派遣業者で登録されることをおすすめします。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣先の会社が決まりました。勤務開始の日に営業の担当の人と就業場所の近くにあるコンビニで落ち合うことになっていたところ、どういうわけか約束の店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと考えコンビニエンスストアの中に入ってみると、営業担当者はこともあろうに雑誌コーナーに座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて閲覧しているのを発見!こんな担当の人の仕事なんて絶対に無理だと感じて、声もかけずにコンビニの外へ出て即刻派遣会社へ辞退の連絡をしました。

  • もしあなたが転職サイトであなたのライフスタイルに合った…

  • もしもあなたが、「転職サイト」を活用して自身の希望条件にマッチした魅力的な仕事を探しているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。なぜなら、比べようがないほどにとても良質といえます。それから、あなたに相応しいものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。だから、かなりの精度で希望するあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同じ求人を発見するとしても、独自の力で行き当たりばったりに調べる手間を考えれば、とても効率的です。そのうえ試してみる価値はあります。