転職の時に必ず用意する履歴書や職務経歴書などに関して・・

再就職しようとする時に準備しないといけない履歴書や職務経歴書においてです・・

  • 再就職しようとする場合必ず書く履歴書や職務経歴書に関しては、大方、手書きではなく、パソコンを用いて作るのが大多数です。今の日本では履歴書はパソコンを用いず手書きで作成するというのが普通だと思われている面もありますけど、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実は、転職をする時については100%手書きじゃないといけないと断言はできません。自筆の方を良しとするところもあるようですが、違うところがだんだん多くなってきているので、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でもOKな会社はたくさんあるのです。

  • 転職活動において、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 転職をする際、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」のお世話になるケースもありますが、仮にその種の業者に登録してその結果仕事が見つかった場合でも、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。ハローワークを通さずに就職しても失業保険とは無関係なので後々、後悔しないようにしたいものです。なお、ハローワークにより斡旋された会社に就業した場合は、就業用の準備金として一時金を得ることができます。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。知らない場合は、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

  • 転職活動を行う際は、最初に必ずあなたの心がスッキリして…

  • 転職のための活動をしているときは、必ず自身の心が沈着であることをとても大事にしましょう。まだ会社を辞めないで転職のための活動をする場合はあまり気にしなくても良いですが、退職後に行う場合だったら、かなり焦りが出てしまいます。であるので、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを具体的にしてみてください。そして、実際の職場と比べてみて、合致しているかをしっかり、冷静に見極めましょう。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。

  • 今現在の企業の雇用に対する考え方の大きな変化において、働きざかりの世代の中・・

  • 近年の会社や企業の労働背景が激しく変わってきたことを、34歳ぐらいまでの若年層が特にチェックし、気にかけているようです。十中八九将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。そのため、労働者・サラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が著しくなっているため、よりこの先、若い世代の転職への関心が強まっていくでしょう。労働力の「流動化」が背景にあることで、労働者の転職は当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が存在したかつては、「転職」はそれだけで印象が悪く、転職が思い通りにいかないこともたくさんありました。ところが、時代が変化し現在の仕事に固執する意味があまりなくなったように思います。

  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、大部分の職場で・・

  • 求人についての広告には、まともな株式会社では月の給与が記載されているはずです。だけれどもこの月収の欄を確認する時には、深く確認する事が大事です。数値だけで納得しないようにしましょう。何故かというと場合によっては、月収の額の内訳に月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。何があるかというと残業代の金額を入れることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる所もあったります。ですから、こういった応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

  • 転職をスムーズなものにするには、事前の徹底した情報を収集することが不可欠です。

  • 転職を成功させるためには、最初に情報を集めることをしておきましょう。それには最近は例えば小さな会社にもかかわらず公式サイトを作っている場合が当たり前になっているので、ネットを利用して知りたい情報を手に入れるとまたその会社について疑問等を解消しておくと転職の助けになってくれます。加えて公式サイトのほかに、「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より転職の候補にしている企業を自分自身で見て判断するのも大事です。

  • 人生初の転職を行う場合、重要なのはどうして今の仕事を去るの…

  • 生まれてはじめて転職をするとき、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかを明確化しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。その上で問題を解消できるであろう会社を決めていくのです。転職活動は新卒の就職活動とは違って、今の仕事を勤めながら就職活動をしていくことから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。したがってハッキリした理由がないまま転職しようとした場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。絶対に転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動の開始はやめましょう。

  • 派遣社員だからといって自身の好きなタイミングで辞められるワケではな…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職を通じて感じました。私は結婚し、生活が落ちついたら、できればすぐに子供が欲しかったので、子供ができるまでの間のために数年ほど今の部署で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員より年収は少なかったですが、仕方ないので家庭の時間を得たかったので、あえて選択しました。ところが、入社後、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。なので派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。

  • 将来転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業界・・

  • あなたが転職活動をされているのなら、良いと思える求人(または業種)があったら、マメに「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス要素について、知ることはできません。インターネットで調べればネット検索で瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そういう検索をしないまま、入社すると、あとから痛い目に合うおそれがあります。だいたい求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイから人が辞めて穴が開く」というケースも多いので、目に留まった業種や案件に関しては、注意したほうがいいです。

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師という職業は、どうしてか…

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師といえば、女性比率が大きい職場です。しかも、気力だけでなく体力の大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。それ故に、対人関係がうまくいかなかったり、自分の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を変える人が多いというのも事実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足に困っています。なので、各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。

  • 再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズでもOKと…

  • 転職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと言われることがあります。しかし、クールビズで面接を受けるのは実際は良くない印象になるのでは?と懸念する人もいます。クールビズに関する迷いを心に持っている人たちに関しては、クールビズOKだと言われた面接においては言われたことをそのまま実行したほうが大丈夫です。色々悩みすぎてしまい、とても暑い季節にしっかりとしたスーツを着用していくと面接担当者に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズで構わないのです。

  • 新しい会社に入りたいと転職をする活動中の場合は「1日も早く…

  • いい職場がいいと転職活動をしている場合には「一刻もはやく内定(採用通知)がもらいたい」と考えてしまうはずです。しかしながら、そういう気持ちで良い知らせを得たいあまり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、その反対に自分を過小評価するかのような行動をするのはゼッタイによしましょう。そうではなくて、焦る気持ちをガマンして、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く探していきましょう。

  • 再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 再就職の前に、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと、職場の空気が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を増やされることもあるので、うっかり「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、在籍中は、真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い状態をギリギリまで維持したまま、仕事を辞めることができます。さらに、何の問題もなく円満退職できれば、退職後であっても、相談にのってもらえるはずです。規模や業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりは大事なので、仕事を辞める前のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてもらいたい…

  • 転職の際、派遣社員」で考えている人にぜひチェックしてもらいたいポイントがいくつかあります。一般的に派遣社員と聞くと電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのような業務内容を考えた人が多いとは思います。実は私自身もまさにそう思っていました。現在働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、働き始めると、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明と大きな食い違いがあるので日々非常に参っています。現在は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても受け取れると思っている人が…

  • 生涯初の失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が少なくありませんが、それは正しくありません。現実には、失業保険をきちんともらうためには、職探しを続けていることが必要で、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。毎月職員に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。仮に、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、情け無用で給付の一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために注意してください。

  • 派遣で会社で働いています。労働契約法により不本意です・・

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで残念ながら長期間務めていた派遣先の会社での仕事があとわずかで終了します。同じ派遣の人の中には、派遣先の会社で直接雇用のポストを手に入れた方もいるのですが正直仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方が上手な方で引き立てがあった様子。テクニカルスキルよりもおじさん転がしの能力が大事なのかなーと派遣仲間の友人と不満をたれる日々です。