転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。

転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。ただ、忙しく仕事を行いつつ求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に臨むのは心身ともにきついものがありますよね。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すれば面倒な事になるかもしれません。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても貴重な時間をムダにしかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。新卒の就活とは全くことなることを徹底しましょう。

求人をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」という人・・

求人に関係する情報をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業に目を通さない人がいますが、そうした人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。事実、製造業での求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する部門もたくさん存在します。ですが、製造業にはありがちですが、ビジネス街から距離があります。そのため、アフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、とはいえ、自分のこだわりを捨ててみることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

新しく就いた職場で今までに培われてきた能力を活かせられれ…

新しく就いた仕事でそれまでに培ってきた実力を発揮できれば、即戦力と周囲から見られてじきに職場にも馴染めるようになるでしょう。また雇用先もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、容易だといえます。更に今までの職場と似た環境の職種なら転職は非常に容易になります。但し、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務職、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、時代に関係に左右されることなくかなりの競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。

スムーズに転職したい時は、希望する企業とのやりとりというより…

転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する職種に採用してもらえるように、ゼッタイに面接が始まるときに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例えれば女性とお見合いをする気持ちで向かうのも大事でしょう。とくに面接がはじまると最も初めにあなたの人柄や人間性を評価してもらうので悪い印象を与える行動は注意しゼッタイに避けましょう。なおかつ品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、かならず転職活動はかなり楽になります。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることを理解してもらわなければいけません。

失業保険の給付については、職探しをしているという証明が必要となります。しかし、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でもゆっくりしたい」と考えるのが本音でしょう。ちゃんと次の仕事を探しているように思わせる方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは避けようがありませんが、その場で求人票のチェックは必ず行う必要があります。本気で探す気力がないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、(ハローワーク職員との)面談時に「自分に合った仕事、希望する仕事が残念ながら今回はありませんでした」と相手に伝え、次の機会まで待つという方法もあります。

転職を行う際、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要があります…

転職を目前にしているなら、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、自らが希望して退職願を提出して退社する、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの職員とトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、社員側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業が認定されればすぐに失業保険を受け取ることができます。

3日ほど前転職の準備をしようと人材会社に登録に向かいました。

先日仕事を探すために人材会社へ登録に行きました。カウンセリングをしに出てきた担当の人が見た感じ社会人経験の少ない社員のようで、私が説明していることの半分も彼はわかってはいない感じです!さらに「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと自分の強みを明確化することが必要でしょう」等、私のことをすべて理解しているかのように偉そうにのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセリングを担当する人は多少はカウンセリングのスキルがある社員にしてほしいと感じます。

女性の再就職に際して、今とセクハラが問題視される前で…

女性の転職において、今現在とセクハラが問題視される前では多少の変化があったりします。かつては面接のなかで、「結婚観」や「出産後の仕事」などに関して、自然に質問されることが珍しくありませんでした。でも、近年では、こういった内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問されないこと、が増加傾向にあります。そして、特に大企業ほど、かなり神経質になっています。が、企業側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その女性の生き方、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを漠然とは知っておきたいとは思っているものです。自分自身の価値観を伝えるためにも、自己PRや志望の動機の中に織り交ぜながら表現することで、会社側にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると考えられます。なので、たとえ、質問されていない箇所もあなたの方から率先して話をしてみると良いでしょう。

少し前に転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていないの…

この前、転職したというのに、すぐに退職してしまう人というのもなんとなく多いものです。何故かと思うと私見ですが気持ちも新たに、新しい会社を手に入れたものの、「自分の考えていた職場環境とおかしいと思うほど違っていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」という理由で別の仕事を探すことが珍しくないといいます。できればこのような失敗をしないためには、やはり、前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、昇給システム、など事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

再就職の時の面接などの際に名刺を渡された場合、こちらも名刺を相…

転職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきたら、こちら側も名刺を相手に差し出すべきであるのか?とどちらが正解かわからない場合たいていの場合は渡す必要はないと考えておいてください。面接は仕事の一部ではなく、採用活動内のことなのです。ですから基本的には名刺をやりとりする場とは異なります。それに、会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらの方は、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手の方にあげる責任はないと言えます。

現在の自分の職場や仕事の中身について不満に思っていることの中…

現在の自身の職場や仕事内容に対して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自身の持っているスキルや仕事での能力をきちんと評価されていない」そのため、「月給は平行線だし、出世する可能性も見いだせない」といった点を挙げる人が少なくありません。しかしながら、上記のような不満を持っている人のなかには自身の実力を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。万が一、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職の空白期間が長くなると言う事に陥りがちです。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職をスムーズに行うためにも、あなた自身の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

転職の面接で着用するビジネススーツのカラーは、新卒の就活の際…

転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の時に準じているカラーが一般的です。言い換えるならば、紺色や黒色の暗めの色合いになります。再就職のケースでも、着用していくスーツのカラーはこういった色が圧倒的多数であって、そうでない色のビジネススーツの人はほぼいません。あえて言えば、まれにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、一般的には紺や黒が大多数を占めているのです。ですから、面接担当者もそのような色であるほうが違和感なく感じます。ですから、見た目の印象という観点では推奨したいわけです。

もしあなたが転職される場合は、前もって考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしあなたが将来、転職をするつもりなら、あらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておけば、転職活動時にそれを生かせるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。といったわけで、在任期間中での資格取得がもっともよい時期といえます。あなたがキャリアアップを考えているなら、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。そのうえ、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接の際戦力になると判断してもらえ、それまでより待遇アップも期待できるでしょう。

これまで20代前半に転職を数回行い、そして現在、資格を取る目・・

私は20代で転職を2度行い、現在は資格をゲットするべく「派遣社員」として働いています。常勤の勤務とは異なるため、どうしても給料は過去の仕事よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、きちんと資格を活かしている人を見ると無性に羨ましく見えたりもします。前は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、劣等感を感じていましたが、今は結婚をキッカケに随分と生活環境が大きく変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

再就職するにも全部がうまくいくという保証はどこにもありません。

転職するにも全てが順調に運ぶとは言い切れません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいつか、しようと考えているならあなた自身が若いうちに出来るだけ早く行動しておくべきです。平均としてみると、20代の若いうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代になると転職そのものがとても難しくなります。重要なポジションにいる場合、転職を意識していても現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、現在の仕事は続けながら時間をかけてじっくり探すほうが良い、ということです。

在職期間中は、可能であれば、バレないように(私の経験談です・・

在職中には、可能ならば、周囲が気づかないように、(私の転職活動では)在職期間中に転身の意図のみを活動初期に会社内で話して、反応を見たことがあります。とはいうものの、その後転職サイトを散々探してみたのですが、結局は就職する時期など、計画も立てずに煮詰まっていないまま知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職の日程などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経て次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。