新卒採用で入った会社を辞めて、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒で入った会社を辞め、転職すると決めました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。会社を辞める前は、非常に悩んだように思います。新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用の形式で働いている人が大半であると自身の転職を通じて理解し、自然と以前よりも安心することが出来ました。1回でも転職をすると自然と体が軽くなり、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しいものになりました。なかには「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな…

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当はあなたが勤めている所属する会社がしっかり「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後となる勤務月の給料を基準に失業手当の金額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接場に出向く場合、…

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向くときには、いくらなんでジャケットまでは着用していくことはないと言い切れます。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイに関してもなくてもOKだとする企業も存在する場合もあるにはありますが、ネクタイはクールビズだろうとつけて行く必要があると思っているところが一定数あります。それゆえ、クールビズで来るように言われていてもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が良いということをわかっておいてください。

新しい転職先で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。中でも、転職して1年目は大方「研修期間」が入っているというのがケースが多かったりもします。自らの新たな仕事に就いたときは、せっかく手にした職場だったものの、期待とは裏腹に前いた会社での年間報酬とほとんど同じ額でした。それに加えて、仕事はきついうえに、責任を伴い、はじめの1年は、本当に苦労しました。そうした経緯から転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能ならば転職以前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

転職をする場合、転職したあとの自分の年収について気にする人が…

転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの自身の給料を過剰に気にする人がそこそこ多いように思います。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として得るべく仕事に打ち込んでいるとは思います。年収は自分の社会的な価値を知る値としての側面もありますから当然大切なものであることは至極当然です。でも、愚かにももらっている年収の額に執着しすぎる人生というのも考え気がするでしょう。この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。

一昔前の求人誌には、雇用主が必要とする「性別」について・・

以前の求人情報では、雇用側の希望する「性別」が書かれているのが一般的でした。しかし今では、男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が採用時にしてはいけないという決まりになり、応募条件の概要に男女の性別を記載しないようになりました。そういった変化があるものの、求人情報を出す会社は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。従って男性欲しい業種に女性の応募が殺到したり、女性希望の企業に男性が応募してくる、といったトラブルも無関係ではありません。もし、「女性が活躍できる職場です」と記載される案件の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識しておく無難です。

看護師という職業の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う原因…

他の仕事に転職を決断する原因は、人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師が他の仕事への転職には「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産そして子育てそれから家族の介護など、いろいろな身近な家庭環境の変化によって仕事が難しい」「今の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。ですが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度リラックスしながらそして客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

転職期間中は、趣味に打ち込むことに加え、体力の向上を意識しておく…

転職期間中は、趣味に没頭する他、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いと思います。仕事が決まり、復帰した際に、趣味に興じていたことによって気付かないうちに集中する力がアップします。また体力づくりも同時にできているため、他の社員さん以上に疲れない身体になっている、と認識します。なので、退職してからの生活は、自分が興味のあることに没頭することと、体力を維持させるように努力をしておいて損することはありません。この先、その職場で共通の趣味の人と巡り会えれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、現在勤めている会社の退職があげられます。

転職活動をする上での最後の問題として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先を見つけても、今いる企業があなたを手放したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。そうなった場合、何があっても退職する、という強い意思を持つことが大事といえます。仮に引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、堂々と伝えましょう。「円満退社」で去ることも就職活動において大事なポイントになってきます。

長い間接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとると共…

長年にわたって接客業で勤めてきましたが、年のせいか立ち続ける仕事は体力的にしんどいため、座り仕事である事務系のお仕事への転職を目標にして動き始めました。事務未経験だと少々難しく、そこで接客の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得し個人の病院に転職しました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客の仕事をしていた時よりも帰宅する時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリア形成をするんだと諦め頑張ります。

転職エージェントは大手に限って、豊富な案件があるという長所があるといえます…

「就職エージェント」の大手になると、多種多様な案件があるという魅力があるといえますが、反面、転職希望登録者も多くいます。そのためあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントのスタッフ側が無理だと判断すれば応募してくれないこともありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先しやすいのです。つまり大手エージェントの場合は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりそこそこ難しいので、策略を変えて中小規模のエージェントに応募したい会社や案件に関して相談し、応募できませんか?と相談すると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

近頃、株式・不動産投資の不労所得、もしくは自営業、起業等…

今の時代は株・不動産投資の不労所得を得たり、個人事業主を目指す人も増えています。そういったような移り変わりに伴い、「会社員以外は不安定であぶない」といった常識も変わってきています。高度経済成長時代の際には、安定しない自営業という生き方よりも組織の一員であるほうが将来が安定していました。そのため人のあるべき形として、一般の人々に認知されてはいました。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」と表現します。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が必要なくなると言われています。

再就職することで職場を一新するということは、自分自身に…

転職で職場を新しく換えるということは、自分自身に適する自分にあった職場に転職したいものです。職場や勤務先を変えることで、天職にありつくことができるかもしれません。けれども、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうる能力がないと、転職自体がままなりません。別の表現をすると、自分の価値をあげれば、「天職」に巡り会える可能性がある、ということです。今は、職業選択の自由が社会通念上として認められているので、転職を決断してもトラブルも生じないでしょう。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある今は、「役に立つ人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、この好機を有効に使ってみてください。

全くの初挑戦となる業界などに転身を考えるときには、前…

全くの初挑戦の業界などに職を移そうとするときには、自分の以前の仕事で培ってきた腕前やこれまでの経験値が生かせるという自己主張が必要です。その業界の未経験者は経験していない分だけその分野を経験している人よりも不利な状態になりますけど、自分自身が保持しているスキルがそこでも十分に発揮することができるということをうまく伝えれば、戦えることも考えられます。以上のことを踏まえ未経験である業種に挑む場合は、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関連を可能な限り考えましょう。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで実際の年収を多く偽って、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性は極めて小さいです。年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが無難です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になることを招きかねません。

近い将来、私たちの労働環境においてますますシンプルな作業・・

この先、社会的には着実に短絡的な仕事は機械化に置き換わって結果的に必要な労働人口はどう考えても減少していきます。というのは、思考を必要としない作業は人よりも機械でやったほうが数段に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっとリピートしたりすることは機械には何も不自由もありません。もちろん人と違って愚痴も言わない、疲れもしない、誤魔化すこともないし、何より正確ですし、均一化できるメリットもあります。おまけに報酬を渡す必要もありません。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械化されるのは必然ともいえますね。