転職ならば、仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず…

転職先を選ぶのに、当然やりがいを考慮することも大切だけど…

  • 転職先を探すとき、仕事のやりがいアップも大切だけどそれにとどまらず手取りのアップも重要なことなので「年収サイト」に登録をして事前に調べています。全く一緒の会社でしかも同じ職種、社歴なのに人によってずいぶんと幅がある場合も多く、正直なところ面接を受けた時に質問したことがあります。面接官も一緒のサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰なのかある程度は察しがつくのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍内閣で…

  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たに経済政策を打ち出し、経済政策が日銀の金融政策とあいまって、財界や企業間では新時代となる変化が顕在化しつつあります。そういった変化を受けたことで、民間企業では、今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。ちなみに、外国人労働者を今よりも増やしていく、つもりでいると安倍政権は語っています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 転職時の面接の時に面接官から「転職の理由は何ですか・・

  • 転職時の面接では面接官から「転職の理由は何ですか?」といった形で、質問されるはずです。このときに、どういった事情があろうとも、以前の職場の働く環境や人間関係についての返しは、可能な限り控えることをお勧めします。此の様な内容の話は、印象が悪くなってしまい、チャンスをダメにしてしまいます。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがかなり大切です。、とりあえず「新しい職場ではより一層キャリアを生かせられるように、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のような未来志向での返答が必要とされます。
  • 再就職にあたって相応の準備が必要です。

  • 転職を進めるには、相応の準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも身だしなみ、に含まれる服装は注意している人は多いでしょう。けれど、ここ数年の、採用面接では私服が良い会社もあるので、ビジネススーツで決めて赴く必要がない場合もあります。とくに会社の創設してすぐの会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服であれば、面接の間に、洋服について、話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、今後、転職は企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 転職活動をする場合に注意して欲しい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで・・

  • 転職のため職探しをするときに特に注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。こういった求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがとても多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料形態に残業代を組み込んでおく、といったものになります。(ちなみに、これは違法ではありません)仮に『みなし残業代30時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、この給料です」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人には『みなし』を意図的に表記してないこともザラですのでよく注意をしておきましょう。
  • 就業していた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩・・

  • 勤務していた会社で感じの悪い上司に憂鬱な気分にさせられ、ついにやる気がなくなってその会社を退職し、同業者である他の会社へ転職をしました。そこでは気分よく勤務することができて非常に充実した日々でしたが、緩やかに会社の業績が悪化して、ある会社に経営統合されることとなりました。経営統合の相手はなんと以前働いていた会社で、その上大嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。いったいこれはどれほど縁があるのでしょう。当然新規の転職活動を開始する予定です。
  • 転職の際に行われる面接というのは、零細企業だったら「人事」が面接官となります・・

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者であればおおよそは人事担当者になりますが、どこでもそうとは限りません。実際にともに仕事をしていく現場の一番偉い人、要するに中間管理職である課長や部長が面接を担当する可能性も考えられます。とりわけ、事務系や営業系といった部署に転職する場合は、資格を介した具体的なイメージはありませんので、きちっと自身をアピールしていくようにするべきです。面接担当の人たちに「この人はハッキリ自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。
  • 安定性を手に入れるべく正規の社員になりたい人は結構多いと思います。

  • 安定的な人生を手に入れるために正規の雇用社員として働きたいと思っている人はかなりいます。けど、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正規雇用がうまくいかない可能性もあります。準社員の求人募集はかなりあるのに正規雇用の求人情報以外を見ないで時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。なかなか、中々正社員としての転職が難しいのなら、準社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、成果次第で2,3年で正社員にステップアップ数年で正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですから面接を受けた時に、こうした可能性を質問しておけば、将来設計にも役立ちます。
  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえません・・

  • 失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、ずっともらえるわけではありません。給付期間は、これまでの勤続期間によって変わり、90日とか120日とか決められるのですがなんとこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急いで就職先を探しても良い結果にならない可能性が高いのです。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」についてだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるおそれもあるので要注意です。
  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載される会社も豊富なため・・

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される案件がたくさんあるため、興味のある2つか3つの会社を、まずはウェブサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、自動で案件が通知されるようにしておくと転職情報が集めやすくなります。ですが、最初は登録するのが少々大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、後々のためにも、最初の準備に手を抜かないことをお勧めします。
  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。

  • 好き、を仕事にしたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私の場合、食べることが趣味でそれが高じて、前に、飲食店(レストラン)に勤めていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにすごく悩まされました。そのことが引き金となり、退職する羽目になったのですが、その結果、大好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物も嫌になってしまい、その系列の飲食店は現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願うのは素敵だとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、真剣に自分に問いただした上で行動するべきです。
  • 再就職先を探している間は、ついつい時間が有り余っているため…

  • 転職活動中は、どうしても、時間があるため、だれた生活になってしまいます。しかしながら、そうした生活を常態化させるのはキケンです。なぜかというと、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「精神的」にも悪影響があるからです。そのうち、働く意欲を失い、生活が苦しくなり困ることにもなるでしょう。そうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決めることができないのは、給料を最優先に考えてしまうからです。給料を第一に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られないように暮らしていくためにだれた生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 転職エージェントと転職サイトを通じて、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動することは今では当たり前のことです。としても、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、その上に転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加したのなら多くの企業の情報が得られ、さらに、フェアに参加している企業スタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに行くときには、面接を受けるつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。その結果としてフェアの最中に企業側から良い人材と見なされれば、その後の採用面接時にかなり有利になると期待できます。
  • 私は以前いくつかの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • キャリアップしたいと思い何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルが驚くほど多種多様で大体は物足らなく感じるアドバイザーばかり。私にとっては人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという考えがいっぱいになってしまいました。そのことが発端となって自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得のためにはコストも必要でしたし勉強の面に関してもかなり大変でしたが、仕事を探している方から頼られるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。
  • ある古物商の会社で書類選考に合格しました。その後相手方から面接日時を告げられました。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。その後相手方から面接日時を告げられました。しかしながら、当日、指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待って、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、非常にけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接が終了しました。だが、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かずそんなわけでまた問い合わせると、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と一方的に電話を切ってしまいました。私はしばらく絶句してしまったのですが、素直に、採用されなくて良かったと思っています。
  • 再就職を視野に入れているならこまめに多様な会社の・・

  • 転身しようと思っているなら小まめに色々な会社の採用情報の詳細をチェックすることが、転業先をとても選択しやすくなるでしょう。今の職場に満足感がないケースでは、本格的に転職活動をする際に、どの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状態に陥ると、どの会社を選択すべきか迷ってしまい、選択をしくじりかねません。結果的には直ぐに退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名をチェックして、内容を確認してみてください。