これから先、転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは職・・

転職活動の際に、良いと思う求人(あるいは職種)を見付けるた・・

将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業界)を見るたびに絶対「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、アドバイスしてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を通じていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そうした現実を知らずに入社してしまうと、あとで後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事がキツイから人が定着してくれない」といった場合がかなり多いため、目に留まった案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

その昔は看護婦という名前だった看護師は仕事としてやっ・・

昔は看護婦と呼ばれていた看護師は仕事として歴史的背景から女性の割合がかなり大きい職種です。加えて、気力それから体力をかなり消耗が激しい傾向にあります。なので、職場の環境での人間関係がうまくいかなかったり、結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多いといいます。看護師という職種の労働市場は人手不足の状況に変わらず継続しています。最近は特に、各病院は、看護師を求めている「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

転職をする際の面接で企業側からクールビズで来てくださいと…

転職時の面接に関してですが企業側からクールビズで良いとと連絡が来る場合もありますが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは良くない印象になるのでは?と懸念する人もいます。そのような考えを抱えている人たちに言っておきたいことが、クールビズを指定された面接なら、言われたことをそのまま守った方が大丈夫です。悩みすぎて、明らかに暑い時期にクールビズでないと暑苦しく感じられますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズでも大丈夫というわけです。

今と違った会社に入りたいと転職で活動している人というのは、…

今と違った企業につきたいと転職をしようとがんばっているときの場合は「1秒でもはやく、内定(採用通知)がほしい」と思いがちです。でも、そのために採用通知が得たいあまり、自分をより大きく見せたり、また反対に安売りするような行動をするのはぜったいに避けるべきです。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く選択してみましょう。

もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると状況が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている環境によっては、意地悪ややっかみのおそれもあります。時には、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、転職のことを周囲に言うのは充分にあまり良いとは言えません。上記のような状態を避けるために、今所属している職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い関係のまま最高の形で仕事を辞めることができます。そして、円満に退職できたなら、退職後であっても、相談にのってもらえるチャンスも手に入るはずです。業種や規模に関係なく、どのような企業であっても、繋がりなので、仕事を辞める前のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

転職を、派遣社員」で考えている人にぜひチェックしていただきたい…

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意して欲しいことがあります。まず派遣に関しては、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をといった業務をぼんやりと思った方がおそらく多々ありますよね。はじめは私自身も現在働いている職場に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応がメインです」と面接で説明を受けました。ところが、いざ入社したとたん、なんと「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、やってくれと言われました。毎回、あれこれ要求されますし、はじめの説明とはかなり違っていたので日々全くわからないような内容でしたので、今は、契約期間が終わるのを待つだけです。

生涯初の失業保険の給付を受けるときに、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える・・

はじめて「失業保険」をもらう場合、何もしなくても給付されると考えている人がたいへん多いですが、それは間違いです。現実には、失業保険の給付を受け取るためには、職探しを行っていなければならず、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告して本気で仕事を探していると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。対称的に、真剣に就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しない場合は、当然問答無用で給付を一時停止したり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために気をつけてください。

派遣で働いています。労働契約法のからみで残念ながら長期間勤務してい・・

派遣として働いています。派遣法とかの関係で否応なく、長く働いた勤め先での仕事がもうすぐ終了します。派遣仲間の中には、派遣先の企業で正社員としての契約を得た人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言うと仕事の能力というよりは派遣先上司の扱い方が得意な方でそれが採用の決め手となったみたい。仕事の能力よりもおじさん転がしの能力が必要なんだねーと抜擢されなかった別の派遣の仲間と勤務先で愚痴を言う日々です。

転職活動を行う場合、様々な手段で情報を収集することが多いと思います・・

転職活動を行うとき、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。とはいっても、実際は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで火消しをしよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ、入社してから不利益になる覚悟をする必要があると判断して良いはずです。そもそも、善良企業の場合トラブルとは無縁です。

これから転職活動をするに当たっては、今いる職場や…

いよいよ転職することを考えているのなら、今現在の業務や仕事の何が気に入らないのかを明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。しかし「よく考えて現状である職場・業務の客観的に考えた不満な点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を防ぐことができるでしょう。

転職する活動の際、「私はこれまでずっとこういった仕事をがんばりまし…

今励んでいる転職する活動時、「自分は今までにこのような職場の仕事に従事してきました」「過去の仕事では、こういった技術を得られました」と自分自身の実績をしっかりアピールしようと考える人はけっこう少なくありません。ですが、転職希望する新たな職場で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「斯くの如きことであればぜひ貢献できるに違いない」と将来のプランを話してアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

職場環境が原因で心的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況になったのな…

会社が原因で心的に厳しくなって、転職せざるを得ない状況となったなら、会社(の関係者)と相談をするより身内と相談しながらその後の進退を判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするということは自分のためでもありますが、家族の問題でもあります。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、精神がダメージを負ってしまうまで我慢して仕事をすることは健全とはいえません。現代は、物質的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを優先していく生き方も認められつつあります。あなたの身内や、あなた自らの心と体も大切にしましょう。

かつての私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく・・

これまでは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。このため、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、求人募集をしているいくらか給料や労働条件で差がありますが、地域密着といった点では安心して面接に進むことができます。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」というイメージがある方もいるかもしれません。思いもよらず、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、数年以内に勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークへ足を運んでみてください。大手転職サイトみたいに大量の電話やメールが繰り返し来ることもありません。

転職する際に行われる面接で着用する腕時計の事ですが・・

再就職の面接でする腕時計においては、目立つタイプの時計は避けたほうが良いと言えます。この場合の目立つというのは高そうなデザインをしているとか、といったことだけではなく真逆でチープなものの印象を与えるとか、そういった意味であって真逆の意味で目立つ、ということで理解しておいてください。面接時の腕時計についてもポジションとしてはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、面接にふさわしい安全なものをセレクトした方が良い印象を与えます。ただし、自分の歳に適している腕時計ということもとても大切なことで、新卒時に準備したものよりはわずかであっても値が張る腕時計にした方が好ましいということははっきりといえます。

転職をする時に目を光らせる募集要項については、参考程度に、アバウトに…

仕事を探しているときに見ることになる募集要項の情報というのは、参考程度に、アバウトに書いてある可能性も少なくはありません。なので、そこに書かれている内容はすべて正しい情報だとは安易に信じないほうが好ましいでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給与に関しては平均なのか?最低保証の金額であるのか?最高額の給料なのか?といった見極めができない場合が多く、自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、後から悔いが残ることになりかねません。そのため、そうならないためにも、求人情報というのは、一般的なものだと思って、そういったとても重要な内容は会社の方に直に確認を取ってみた方が良いでしょう。

将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動…

楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合えば、精神的な負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるでしょう。それにメンタルにも良好な状態であれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番ベストな形は、休職によるブランクをつくらず新しい職場を見付けることが大事です。今の仕事を続けながら、次の仕事を見つけるのが理想です。さらに、ブランクをつくらなければ退職後もすぐに働けます。こうすることで、職歴に空白期間ができないので、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を考えていきましょう。