就職活動をするときに特に注意が必要な求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよ…

転職活動中に特に注意すべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く…

  • 就職するため仕事探しをするときに気を付けるすべき求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間・45時間という感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料に残業代を組み込む、といった仕組みになります。(注・違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代50時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という求人になるわけです。が、悪質な求人情報ではこの『みなし』という言葉自体がこともザラですのでしっかり注意をしておきましょう。

  • 働いていた会社でパワハラを行う上司に困ってしまい、最後…

  • 新卒で採用された会社で怒りっぽい上司に困惑してしまい、最後には我慢できずに退職し、同業者の他の企業に働き先を変えました。その会社では居心地よく働くことができ満足の毎日でしたが、月日の経過とともに業績が悪化して、とうとうとある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にも経営統合の相手はなんと前いた会社で、その上すごく嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当然新たな転職活動を開始するつもりです。

  • 転職のための面接では、中小企業クラスの場合、大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが・・

  • 再就職時の採用面接では、零細企業であればおおよそ「人事」が面接官となりますが、別の場合もあるようです。直接、仕事をすることになる現場の担当者、平たく言えば部長や課長クラスが面接担当になる可能性もあります。とりわけ、事務・営業の場合は、資格による人の評価が難しいので自発的に自分という人物を売り込んでいくことがとても大事です。面接官から「この候補者はしっかり自己主張できるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

  • より安定した人生を希望して正社員として働こうと考えている人・・

  • 安定した暮らしを願い「正社員」として働くことを意識している人がかなりいます。ただ、かなり努力していても、正社員としての転職活動そのものが叶わないこともあるでしょう。非正社員の求人情報はたくさんあるのに正規雇用の求人募集以外はスルーして時間を浪費している人が少なくないと言います。もしも、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用への転身が図れることもあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、正社員として働ける可能性の有無をヒアリングしておくと今後の役に立ちます。

  • 失業者がもらえる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要です…

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、これを知らない人が一定数います。永久にもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦りながら職探しをしたとしても好条件のところを探すのは難しいです。面接に応じる担当者もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたか位はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。相手によっては、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受からないでしょう。

  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほどたくさんの求人情報が掲載されているため・・

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される求人情報が多いため、興味のある2,3の会社を、まずはメンバー登録した上で、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、あとは条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことができるようになります。しかし、最初だけは登録するのにそこそこ時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録の初日は、少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、初めの段階できちんと準備することを心がけるのが無難です。

  • 自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意です。これは、私が体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きだったのですが、それが高じて、以前は、料理店(レストラン)で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで任されていた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。けれども、職場の人間関係に疲れてしまいました。ということが引き金になり、職場を離れることになったのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物すら苦手になってしまい、類似の店には現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思うのは本当に素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、まじめに問いただした上で行動するべきです。

  • 転職を決めるあいだは、ついつい時間がある分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間がある分、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。しかしながら、そんな風な状況は避けるほうが賢明です。言うまでもなく、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、生活ができなくなり困ってしまいます。そのまま、悪いサイクルができてしまい、再就職先を見付けることが難しくなってしまいます。転職先を決められなくなるのは、もらえるお金を一番に考えてしてしまうからです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をする意味でも、だれた生活は、しないように気を引き締めましょう。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動をする人はますます増えています。

  • 転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動することは現在の常識かもしれません。そうとはいえ、転職のチャンスを高めたいのなら、加えて転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加することで多くの企業の情報が得られ、同時に、そこで説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに参加するのであれば、面接だと思ってしっかりと自分を売り込みましょう。それが功を奏してフェアを通して企業側(の担当者に)認められれば、その後採用面接で非常に有利となります。

  • 私が転職を考えていた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。

  • かつては割と多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質に関してもまちまちで大抵は適当な対応をする人でした。私にとってはかなり重要なことことだからもっと真剣に向き合ってほしいという欲が高まってきてそれがきっかけとなってキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るのはお金もかかったし資格取得のための勉強面においてもとても大変なわけですが、お仕事を探している人からアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえる人になるために頑張っています。

  • とある古物商の求人にて、書類選考に受かりました。そ…

  • とある古物商にて、書類審査に受かりました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。けれども、当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、終始だらしない態度を見せられ、かろうじて面接は終わりました。2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、ガマンできなくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそこで再度問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。しばらく言葉を失いましたが、正直なところ、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 転身しようと思っているならいろんな企業の採用情報を普段から調べておくと…

  • 再就職するつもりなら、頻繁にたくさんの企業の情報を日常的に調べたり比較したりしておくと転職先をとても選択しやすくなるでしょう。現在の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、本格的に転職活動をする際に、どこの会社もいいように見えてしまいます。そうすると、どの企業を選択すべきか判断できなくなり、選択をしくじりかねません。すると、一瞬で嫌になってしまうこともあるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる企業は取引先を公開していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりなのでその点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

  • 『今すぐ転職したい!』と思っていて、自分の意志が強いのであれば・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨を当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、なぜか辞められたのはその年の11月です。本音はちょうど年度末を区切りにしたかったのに、スムーズにはいきませんでした。企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底呆れてしまいました。

  • この頃PCやスマホは便利でインターネットで見られる世界…

  • この頃はネットのエリアには、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが相当な数存在しています。その多くのサイトから自分自身が求めている転職先と思えるのを見つけるにはまずは情報収集です。このような転職サイトをうまく活用することで、よりスムーズな転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら確かめてみましょう。

  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学は、たいへん参考になります。

  • 転職したいと考えている会社の見学は、すごく勉強になります。また、「職人」さんがいる会社では、スキルを近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、実際の現場を見せることはまずありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に入社してみないと、本当の姿はわかりません。ですから、仕事=見学で触れた内容と思わないことがたいへん重要なのです。ましてや、見学時に実際に仕事を体験させる会社は問題がありますから正直言って、「論外」です。入社していない人にはもし問題が発生したとしても、保障も一切ないので、スタッフから勧められても角が立たないように断りましょう。

  • 再就職時の面接でだいたい問いかけられるのが以前勤務していたところを退職し…

  • 再就職をする際に面接でほぼ絶対に尋ねられるのは会社を辞職した原因のことです。このような質問が出た時には前職を話の中心にしないほうが好ましいです。前職を退職した経緯にスポットを当てると言うまでもなく面接において不利なことを取り込んだ内容になってしまいますから。どういう風に話せばいいかと言えば、なぜ以前働いていた会社を退職したかという点をぜひともこちらの会社に入りたい理由があったからといった感じの話に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社の方に話を向けるべきです。転職理由でも、こういった話ならば、積極性を前面に押し出した前の職場を去った理由になります。