新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、思い切って転職しました。

新卒採用で入社した会社を辞め、転職すると決意しました。会社を辞めたときは、とても転職できるか不安になりました。社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、大半の人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で理解し、いつの間にか漠然とした不安が消え、ほっとしました。転職をすると不思議と肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を考えるのが楽しいものになりました。いまだ「続けてこその仕事」といった転職に否定的な意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては会社がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ずだれでももらえます。手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。ちなみに、「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の直近の給料を基準にして算出されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

クールビズをして転職の面接場に出向く際には、ジャケットにおいてはや…

クールビズで再就職の面接に行くときには、いくらなんでもジャケットは着込んでいく必要はないと言えますけど、ネクタイだけは着用しておいたほうが間違いないです。タイの着用はなくても良いと考えている企業もあるケースもなくはないですが、ネクタイについては例えクールビズであっても身だしなみとしてするべきだとするところがまあまああります。そんな訳で、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては着用いく方が安心だということは伝えておきます。

転職しようと思うなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。ことさら、転職したはじめの年度は、大方試用期間が入っていることも可能性は少なくありません。私自身の例では、なんとか新しい職を見つけることができたのに、予想とは裏腹に年間報酬が前職とほとんど同額でした。しかも仕事内容はきついうえに、たいへん責任重大な立場でもあったので、初年度をクリアするのにひどく厳しかったです。そういった経験から、初年度は、仕事を覚える時期として捉え、可能ならば転職する以前に貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職を考える際、転職したあとの年収について気にしすぎる人が…

転職というものをする場合、転職先となる職場における自身の給料を過剰に気にする人がそこそこ多いです。とうぜん誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料としてもらうために精を出すとは思います。ですから年収がいくらかは自分自身の価値を測る指標としての側面もありますから当然大切なものとして扱うのは当然なのですが、しかしながら、愚かにも年収の額ばかりをとらわれすぎてしまう生き方というのも虚しい気がします。よく見れば収入に直結しない仕事であっても精神的に満たされる可能性があるからです。

以前の求人情報に募集条件の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。

前の求人誌に雇用側の希望する「性別」がきちんと明記されていました。けれど最近では、男女雇用機会均等法によって、男女の求人や、採用での差別をしてはならないという決まりになり、応募条件内に「性別」が無記載となりました。けれど、求人する側には実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際、実際は男手を必要としている業種に、女性が応募したり、女手が必要なのに男性が来てしまい、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍している仕事場です」の記載がある場合、会社側が「女性」を必要としている、と考えるとトラブルを回避できます。

看護師という職業の人の他の職に転職を決断する原因…

看護師のそれと違う職に転職を決断する原因は、人それぞれではないでしょうか。考えてみると転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで一人とは変わって出産と子育てさらに家族の介護など、仕事環境の変化など、今までと同じような働けなくなってしまった」「今の給料に不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられますね。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決断する前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくりゆっくりと現状を客観視することも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断されることを強くお勧めします。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を費やすほか、…

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使うほか、体力の向上を意識しておくと良いです。転職先が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に夢中になっていたことで無意識のうちに集中力が高まっているのです。そしてまた、体力を補っている事で、その場の社員たちと比較すると疲れない体になっているということを認識します。そのため、休職中は好きなこと趣味に時間を充てることと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。仕事が決まり、その職場のなかであなたと同様の趣味の方と知り合えたなら、友達になれるキッカケにもなるので、趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動を行う上での最後に残る難関として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、「今の会社の退職」があげられます。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、現在勤務中の企業があなたを放出したくないとして慰留しに掛かるかもしれません。そのようなケースでは、「何を言われようとも絶対に退職する」という強い気持ちを維持することが求められます。仮に会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきましょう。そして、決定権のある上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において大切な要素となってきます。

長い間接客業で務めていたのですが、年齢を重ねると共・・

長いこと接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードで、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを志して行動を起こしました。事務の経験がないとなかなか難しく、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと資格も合格して個人の病院に転職をしました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた時より帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成する時と割り切って頑張ります。

大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件を扱っている…

大規模な転職エージェントに限って、多くの案件を取り扱っているというメリットがあるといえますが、反面、転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが、応募したい会社を見つけても、担当スタッフのほうで望みがないと判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいれば、その人を優先することも考えられます。このように大手エージェントでは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており大変難しいので、発想を変更して比較的規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と話しをすると転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

昨今では、株式・不動産投資の不労所得や独立といった生き方も増えています。

今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような社会的変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方が賢明でした。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていました。そういった時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」とも表現されています。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

転職して勤め先を一新するということは、自分に見合った…

転職で勤め先を一新するということは、自身に合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を探したいものです。勤務先、職場を変えることによって、自分にもってこいの仕事に、ありつくことができるかもしれません。が、デメリットもあって、相応の努力が必要です。違う言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスも高くなる、ということ。ここ最近は、職業選択の自由が社会通念上として認められていて、転職を決断したとしても困難も生じないでしょう。この様な情勢下では、今は、人手が欲しい会社や職場はますます増えているので、この好機を生かしていきましょう。

未経験の業種などに転職を考えるときには、前の業界で、自分…

全くの初挑戦の業種などに転業するときには、前の業界で、自分が養われた腕前やこれまでの経験値が生かせるといった内容の訴えが必要です。勤務経験のない分野の場合、経験のない分だけその業種で働いたことがある人よりも不利な状態になりますけど、自らが保持している能力がその業種でも十分に生きるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になるケースは十分にあります。なので、経験のない業種に挑戦するときには、その業種と今まで自分が経験してきた仕事との関係を必ず見付けましょう。

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。面接の際、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。現在の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性はほとんどありえません。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社をすぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

将来、私たちの社会的環境において段々とシンプルな労働は…

私たちの社会的環境において、将来、確実に思考を必要としない仕事は機械化が進み、そして、そういう仕事をする人手は減らされてしまいます。なぜかというと短絡的な作業は人よりも機械で進めたほうが数段に分があるからです。数量をカウントしたり、同じ作業を繰り返すのは機械にとっては何も不自由もありません。もちろん人間とは違って文句を言わず、疲れないし、ずるもしない、正確だし均一化できるメリットもあります。さらに、「人件費」が発生しないのもメリットといえます。なので、労働力として生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化が自然といえます。