転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として…

転職活動をする上での最後の壁として、「今の会社の退職」があげられます。

転職活動をする上での最後に残る難関として、今の仕事を辞めることがあげられます。転職先の会社を決めたとしても、現在勤務中の企業があなたを放出したくないとして慰留するというのも起こりがちなケースです。そのような場合は、何があっても退職をあきらめない、という強い意志を貫くことが大切といえます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と相談し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも就職活動において大事なポイントになってきます。

長く接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねると・・

長年接客業で働いてきましたが、加齢が原因か立ったままのお仕事は体力的にハードなため、事務の仕事への転職を考えて活動しました。事務の経験がない場合簡単にはいかず、そこで接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと資格も合格して個人クリニックに転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰る時間も遅いわけですが、最初の頃はキャリアを形成する時期だと観念して頑張ります。

転職エージェントは大規模なものに限って、多数の案件を取り扱って・・

就職エージェントの大手に限って、たくさんの案件を持っているというメリットがありますが、他方、競合する転職希望者も大勢います。それがために気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが「転職が難しい」と判断すれば応募してもらえない場合もありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、そちらの人を優先することもあります。このように大手エージェントの場合は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりけっこう難しいので、策略を変更して少し規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないか問い合わせてみると転職希望者の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

今では、株・不動産投資の不労所得や個人経営 を目指す人も増えています。

現在は、株・不動産投資といった、不労所得で生活費を稼いだり、自営業・起業といった生き方も増えています。一概に「雇用されて働く道こそが正義」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員であるほうが安定していて、人が生きていくうえでもっとも正しい道として一般の人々に認識されてはいました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」といった名称で言い表されています。機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分に見合っ…

再就職によって職場を一新するということは、自分自身に適合する自分にあった職場に再就職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、適職に出会うかもしれません。とはいうものの、マイナスの面も持ち合わせていて、相応の努力やスキルが必要不可欠です。別の表現をすると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」にありつく、ということなのです。今の社会は、「職業選択の自由」が一般敵に広く当たり前になっているので、転職を決断したとしても偏見を持たれてしまうおそれもありません。この様な情勢下では、今現在、「即戦力になる人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

全く経験のない業種などに転業したいときには、前の職・・

全くの未経験である業界などに転身したい場合には、前の仕事で、自分が養われた能力や今まで経験したことを発揮できるという内容の訴えがいるようになります。その業界で働いたことがない人は経験のない分だけその分野で勤務したことがある方よりも実際のところ、不利になりますけど、自分が保持しているスキルがそのジャンルでも十分に発揮することができるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になる場合も多々出てきます。したがって、未経験の分野に挑むときには、その業界と前の職場でやっていた職務内容とのつながりを見付けましょう。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接時には、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みは普通はありません。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、せっかく入社した会社を直後に退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

近い将来、みるみるうちにシンプルな労働は機械化が発展して・・

近い将来、私たちの社会的環境においてますますシンプルな仕事は機械に入れ替わり当然のことながらマンパワーは削減されます。なぜかというと考えなくてもできる仕事は人間が作業するよりも機械でやったほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数量を計測したり、同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って文句も言わず、ペースが変わることもなくずるもしない、正確だし均一にこなせます。そして、人と違って「人件費」が発生しません。このように、人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。仕事をしながら求人情報を見たり、応募の手続きをしたり、面接に行くのは心身ともに苦しいものがあります。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接の連絡が来た後で事態すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにせよ自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しておくべきです。

求人サイトをチェックする際、例えば、オフィス系の仕事がしたいから・・

求人誌を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そうした人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。事実、製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する仕事もとても多いです。ですが、製造業の勤め先自体、オフィス街から離れているのでその箇所がマイナスと感じるかもしれません。でも、自分の執着をなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

新しく就いた仕事で今までに培われてきたスキル・キャリア生かせれば…

新しく就いた仕事で自身のこれまでのスキル・キャリア生かせれば、即戦力として一目置かれすぐに職場で存在感を得られるでしょう。また会社側としても、そのような人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、そんなに難しいことではありません。しかも、今までの仕事内容と似ている仕事内容なら見通しはおおいにあります。但し、それなりに実力があるといっても大手企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)などは、時代や景気に左右されることなく中々の難関を突破する必要があります。

転職のための活動は希望する企業相手というよりも正確には「担当面接官」との…

転職活動のコツは企業とのやりとりというより採用担当の面接係員とのやり取りが肝心といえます。希望する企業に採用されるために、第一歩としてあまり意識せずに焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえば「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接によってまず第一にあなたの「人間性」を評価されるのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

失業保険の給付は、職を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、としても、現実的には「ハードワークから解放されたし、少しの間でも働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。きちんと次の仕事先を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然のこととして、そこで、求人票を見ることは必ずやっておきましょう実際には探す気が無い時には、求人票を熱心に見ているふりをして、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに今月はゼロ件でした」と相手に報告し、次の機会を探すという手もあります。

転職を行う際、現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、…

転職に先立って今勤務している会社辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、仮にあなた自身が退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の際にはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自己都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定されてすぐさま失業保険をもらえます。

昨日転職先の会社を探すために人材会社へ登録に行きました。

3日ほど前転職先を見つけるために人材バンクに登録に行きました。そこでカウンセリングをするために現れた担当者が見た感じ新入社員のようで、こちら側が説明をしていることの3割も理解できていない感じ。さらに「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要です」とか、わかったふうに偉そうにしゃべるので大変嫌な気持ちになりました。カウンセラーはそれなりにはカウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。

女性が転職する時、ここ最近と一昔前では少なからず、状況に違いがあったりします。

女性の再就職については、今と一昔前では少し変化があるといいます。一昔前は面接の際に会社側から、「結婚観」や「出産後の仕事」などについて、女性たちに質問していました。しかし、最近では、そのような内容は、「セクハラ」にあたるとして、質問しない企業が増えています。そして、特に大企業の場合は、かなり神経を尖らせているようです。ただし、企業側としては、YES・NO、の2択でなく、その女性の人生観「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の価値観を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら話すことで、相手側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うわけです。なので、質問されていないことでも、こちらが先んじて積極的に話を進めていきましょう。