再就職で勤め先を一新するということは、自身に合う再就職先…

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合う…

  • 再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自分に見合った勤め先を選んだほうが好ましいということです。勤務先を変えることによって、あなたに向いている仕事に就くことができるかもしれません。けれども、良い面ばかりでなく即戦力となりうるスキルがないと、転職自体が難しいです。言い方をかえると、あなたの技量次第で天職に就くことができることも可能、ということです。今の社会は、職業選択の自由が権利として認識されているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれてしまうおそれもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある昨今、「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業も多くなっているので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。

  • 全くの未経験である分野などに転業したいときには、自分が前職で…

  • 全くの未経験の業種などに転身を行う際は、自分が前の業界で育んできた能力や経験したことが生かせるといった内容の訴えがいるようになります。初めて挑む人はその分だけそのジャンルを経験している人よりも損にはなりますが、自分が保持している力がその業界においても生かすことができるということを相手に話すことができれば、勝負になるケースは十分にあります。そういった訳で、未経験の業界に飛び込む場合は、その業種と今まで自分が経験してきた仕事との関係を探し出してみましょう。

  • 転職活動では、「年収」が話題に上がります。

  • 転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接の時、今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、年収300万の人が転職して500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社した会社を退職せざるを得なくなる状況も考えられます。

  • これから、労働力という観点において確実にシンプルな仕事…

  • この先、私たちの社会的環境において徐々にシンプルな労働は機械に変更されていきその結果、必要な人員は縮小させられてしまいます。どうしてかというと、短絡的な仕事はヒトよりも機械で進めたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数を数えたり同じ動きをずっと反復したりすることは機械にとっては何の苦もありません。人と違って泣き言は言わないし、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。さらには人と違って、給料が発生しないのも大きな違いといえます。こういったことから、労働力として人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械に置き代わるのも当然の流れなのです。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。ですが、忙しく仕事を行いながら求人を見つけて応募したり、面接に臨むのは精神も肉体も消耗が激しいです。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司に隠す必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを通している場合はエージェントに悪い印象を与えてしまいますし、直接応募していたとしても、相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

  • 求人に関係する情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど・・

  • 求人サイトをチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業をスルーしてしまっています。そのような人は、「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解している場合もあります。実際に、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する部門もとても多いです。ですが、製造業にはありがちですが、ビジネス街から距離があります。そのため、そういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。ただし、自分のこだわりを捨てることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

  • 転職先でこれまでに培われてきたキャリアやスキルを生かすことができた…

  • 新しく就いた勤め先で自身のこれまでの実力を活かせられれば、即戦力として周囲から迎えられ、職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している雇用した側としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、採用側が判断しても即戦力となる転職は容易だといえます。加えてかつての働いていた職場と近い仕事内容なら転職自体は簡単にいくはずです。ですが、それなりにスキルがあるといっても大手の事務職系や公務員系の募集は、今も昔も相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

  • 転職とは、希望している企業そのものより、どっちかというと「担当面接官」…

  • 転職活動では、希望先転職先の会社企業というより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。しっかり採用してもらうために、第一歩としてあまり意識せずに焦らずに対応しましょう。例えれば「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく向かうと緊張がとけるかもしれません。とくに面接係員は第一歩としてあなた自身の「人間性」を観てもらうわけですから、悪い評価になるような行動は注意しやめましょう。常識的な社会人らしく状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を探しているという証明が必要となります。としても、現実的には「会社に行かなくてもいいし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思う人も少なくはないはずです。そこで、心から就職活動しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談は必要ですが、その場にて、求人票の閲覧は最低限行わなければいけません。本音では探す意思がないときには、「求人票」にだけ目を通し、ハローワーク職員との面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことに確認できませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

  • 転職するにあたって、現在勤務している会社を退社する時…

  • 転職の際に今務めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしも自分の希望により退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、すぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月経ないといけないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してハローワークの担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。加えて、社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてすぐさま失業保険が給付になります。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 数日前転職活動の一環として人材バンクへ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングの際に出てきた担当者が見た感じ大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明していることの50%ほども理解ができていない感じ。さらに「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要があります」等、一人前のように横柄に言うから大変不愉快でした。カウンセリング担当者はある程度カウンセリングのスキルがある社員にしてほしいと感じます。

  • 女性の転職は、数年前とここ最近とでは少なからず、変化が見受けられます。

  • 女性の転職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは少なからず、違いがあります。前は面接のなかで、結婚観や出産後の考え方などに関して、ごく当たり前に女性に質問していたのですが、近年では、こういったデリケートな内容は、セクハラとして質問を避ける企業が増えています。名の知れた大きな会社ほど、全面的に避ける傾向にあります。けれども実際、企業側は、YES・NO、といった形ではなく、その人が結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の価値観を理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、面接担当官にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。ですから、たとえ、質問されていない部分も、こちらが先んじて会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人がけっこう少なくないのです。何故そうなるのかと考えてみるとたぶん心機一転、素晴らしい環境を手に入れたはずなのに「自分自身の想像していた職場環境と堪えられほどかけ離れていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」といったことで別の仕事を探すことが多いようです。でもこのような、転職に関しての失敗をしないためには、第一に、前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、給与システム、など多角的に前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 再就職における面接などに関して名刺を差し出してきた場合…

  • 再就職の面接などにおいて担当者に名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだ際は、おおむね渡す必要のないもの、と覚えておいてください。転職のための面接というものは仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動の一環なわけですから、一般的に考えて名刺を交換する時とは違います。そのうえ、会社の人としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。ですので、もし相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうは名刺をもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる必要性は少しもないと推測できます。

  • 現在の自身の勤め先や仕事内容に対して、不満に思っていることの中に・・

  • 現在の職場・仕事内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分のスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してもらえない」さらには、「年収は上がらず、将来的な昇進もまったく期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。しかし、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自らの技量を「過大評価」しているケースが少なくありません。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と中々就職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性があります。ですから転職活動を円滑に行うためには、あなた自身のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

  • 仕事の面接で着るビジネススーツの色味については、新卒の就活の際に…

  • 仕事の面接で必要なビジネススーツの色においては、新卒の就職活動の際に身に付けているカラーが良いです。つまり、黒とか紺色のダークな感じの色味になります。転職のケースであっても、着用するスーツの色味はこういった色が多数で、そうでないカラーを着ている転職者はあまり見ることはありません。その他の色で言えば、グレー系の人がわずかにいるくらいで、たいていの場合は紺や黒がほとんどなので、面接を行う採用担当の人もそういった色が普通に見えてしまいますから、第一印象という点ではおすすめしたいのです。