新しい仕事を探す

転職するとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社がありますが、もしそういった場所で登録し、運よく就職できたとしても、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。ハローワークを使わずに就職しても失業保険は給付されないので気をつける必要があります。

就職活動をするとき、インターネットでのエージェントを利用するケースもありますが、…

新しい仕事を探すとき、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う手もありますが、もしあなたがその種のところに登録し、幸運にも転職に成功した場合でも、「失業保険」は給付されません。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても失業保険をもらうことはできないので注意すべきです。これと違って、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職したのなら、就職のための準備金として、一時金が受け取れることになります。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。この点について知らなければ、失業中にお金がもらえないことになるので注意が必要です。


会社で何かあって精神的なダメージがあり、転職せざるを得ない状況となったなら…

会社で何かあって回復が難しいほど心的につらくなり、転職しなくてはいけない状況になったのなら、職場の人と相談する以上に自身の家族と話して、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、仕事をするということは当事者である自分ではあります。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どんなに高い報酬を得られたとしても、メンタル面が追い込まれるまで仕事を続けることは好ましいとは思えません。現代は、物質的なことよりも、働きやすさを大事にしていく生き方が尊重される時代です。あなたの身内とともに、あなた自らの体を大事にしましょう。


これはシフト制の仕事についての話です。

これはシフトの仕事についての話です。一定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと思っているなら休む手順やシフトの提出方法については前もって確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として働き始めたのですが、「土日」固定となるシフトで、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任者が土日に必ずでれる人だったので、私もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、本当に腹が立ってきます。


退職|こうした話は知り合いの話です。

こういう転職というのは友人からの話です。新卒時にどうしても勤めたかった憧れていたA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、それから後嫌々ながら別の会社で働くことになりました。2年経過したぐらいに派遣の求人サイトを見ていた時奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、気持ちを抑えることができなくなってその時働いていた会社を即座に退職し、A社での派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってのちに計画通りにA社で正社員になり、現在では仕事に誇りを持ちながら元気に仕事をしています。


大きな転職エージェントほど、様々な案件を持っているという長所があるといえますが・・

転職エージェントは大規模であるほど、多種多様な案件を扱っているという長所がありますが、それに比例するように、転職を希望する競合者も多いです。そのため気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が「転職が難しい」と判断すれば応募してくれないことも少なくありませんし、あなたの以上に入社の可能性が高いライバルがいたら、そのライバルを優先することも考えられます。このように大規模なエージェントの運営元は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりそこそこ難しいので、方針を変更して中小規模のエージェントたちに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と話しをすると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。


スマートフォンは便利でインターネットの世界では、「転職に関するサイト」と呼ばれるもの・・

近頃はスマートフォンを見ればインターネットのエリアには、「転職のためのサイト」に類するものが数多く点在しています。その多くのサイトから自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを探すためにも、とりあえず情報を収集することをする必要があります。このような転職サイトをうまく使いこなすことで、満足度の高い転職を叶えられます。客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。


退職|転職活動時には、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。会社のほとんどは履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえるでしょう。単に必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、内容が充実していることも重要です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記載しましょう。さらに、現在の職務で挙げた実績を、残業を何時間減らして売上は何%増やした、など具体的に記します。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために転職エージェントを利用するのも有益な方法です。


新卒で入社した会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。会社を辞めた後は、長い間不安な気持ちになりました。社会に出て数年経てば転職をして中途採用で働いている人がほとんどだということを私自身が転職することで理解し、無意識のうちに将来の不安がなくなりました。転職を経験したことにより徐々に気持ちが楽になった気がして、「自分の好きなこと」を探すのことが嬉しくなっていきました。いまだに「一通り経験してから」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、私の人生においては間違ってなかった、と思っています。


退職|このようにここ最近の労働背景が激しく変わってきたこ・・

ここ数年の企業の雇用に対する考え方が慌ただしく変わってきたことを、34歳ぐらいまでの若者の世代ほど注目度が高いといわれています。おそらくは、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。従って、サラリーマン・労働者の労働力の「流動化」が年々大きくなっているので、さらに今後、益々若い世代以外の層にも転職の注目は高くなるでしょう。「流動化」の影響により、転身することは誰しもが身近な事柄として認識すようになります。終身雇用が蔓延していた時代には転職者は、評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。しかし社会が変化し現在の仕事に固執する意味が特に無いように思います。


退職|求人サイトをチェックする際、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど・・

求人に関係する情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って理解しているケースもあります。事実、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に関する部署もかなりの数あります。しかし、製造業の職場はオフィス街から外れたエリアにあります。ですから、そこがデメリットに感じられるかもしれません。そうだとしても、自分の執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。


転職活動を行うのに、とにかく今の会社を辞職した後でという人もいますが・・

転職をしようとするときに、とにかく今の会社を退職してからと考える人もいるでしょうが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには会社がいつボーナスを出すかを気にかけておきましょう。ボーナスのある企業は多いですが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが入る日がもう少しのときには、支給日が過ぎるのを待って退職するという手もおすすめしたいです。ボーナスは結構多くもらえるはずなので、もらい損ねたら損ということも考えることもできるので、会社を辞める決意をしたなら会社がいつボーナスを支給するかについて確実に把握しておくと良いです。


在職中であるのなら、出来るだけ社内の人間に悟られないよ…

在職中には、出来るだけ同僚にバレないよう(私の経験談ですが)前職中に転身する考えを早い段階で社内の人間に仄めかしてみました。でも、その後求人サイトを色々とみていったのですが、悲しいことに転職先も時期など、何も決まらないまま、いつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、会社の方も退職に関わる引継ぎや手続き、自身の退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経たのち、次の就業先を探すことになりました。


今までの求人情報に募集要項の中に「性別」が、もれなく明記されていました。

以前の求人情報では、雇いたい人の「性別」まで書かれているのが普通でした。けれど最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女の求人・採用差別をしてはならないルールができて、募集要項の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。それでも、求人を出す雇い主としては、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。実際に、実は男手が欲しい業種に女性の応募が殺到したり、逆に女性希望なのに、男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍している職場です」と紹介されている求人募集の場合は、これは女性を望んでいると解釈しておいたほうがトラブルを回避できます。


転職活動を行っていると必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。

転職活動を行っていると面接時に間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、これと違って「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。転職理由でよくある給与が納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、面接担当者に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分が不利になることをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そしてさらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話題を変えてしまいましょう。


将来に目を向け、楽しみつつ、再就職と向き合えば、精神的に重荷を感じることもないので、…

将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動と向き合っていけば、精神的に重荷を感じることもないので、転職期間中の堕落も回避できます。しかもメンタルにも健全な状態のままであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番良いのは、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることが大事です。一番は働きながら次の勤め先を見つけるのがベストでしょう。それに、休職期間をなくすことで、退職後もすぐに働けます。こうしていれば、職歴の空白期間をなくせるため、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、うまく転職活動を進めてみましょう。


退職|転職活動で重要なことは企業そのものというより、どちらかと言えば面接係員との…

転職とは、企業そのものというより、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事です。面接で結果を出すためにも、まずは肩の力を抜いて焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。お見合いするかのような姿勢でいる望むと緊張がとけるかもしれません。また面接官は最初にあなたの内面的な素質を評価されるのでマイナスな印象につながる態度は気をつけてぜったいに控えましょう。良識ある社会人らしく整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず転職活動はかなり楽になります。


広告
制服 リメイク